Basic Parts


兜鉢(かぶとばち)・しころ・前立(まえだて)・受張(うけばり)
鉢付鋲(はちつけびょう)・忍の緒(しのびのお)

胴甲(どうこう)・草摺(くさずり)・合当理(がったり)
黒レザ-革・責鞐(せめこはぜ)2個・笠鞐(かさこはぜ)2個
ハトメ8個・合当理取り付け鹿韋の紐4本
籠手
手甲(てっこう)・鎖(くさり)・五本篠籠手(ごほんしのごて)
家地(いえじ)

六段中袖(ろくだんちゅうそで) / Lサイズは七段
臑当
五本篠臑当(ごほんしのすねあて)・家地(いえじ)
上下の緒(じょうげのお)
糸・紐
 高紐(たかひも) 2m
 丸紐(太)
  兜:忍の緒付け 綰の紐(しのびのおつけ わなのひも)
  胴甲:引合せの緒(ひきあわせのお)
     繰締めの緒(くりじめのお)
  袖:袖付け紐(そでつけのお)
 丸紐(細)
  籠手:裏の千鳥懸け紐(ちどりがけのひも)
 威糸(おどしいと) 30~35m
  紺、黒、白、萌葱(もえぎ)、紫 (5つの中から1色を選択)

仕上げオプション

アルモデルキットの胴にお好きな紋章を入れることが出来ます。
※こちらはカスタムオプションになります。

兜(KABUTO)

形が小ぶりで姿よく、上の板が内眉庇の下に入る形で、武具のたしなみ深い、美濃、川手の城主(加納城)日根野備中守弘就、その子織部正高吉などが、中世以来の軽量の古頭形鉢を改良し、日根野家においてもっぱら用いた所からこの名がある。その機能性と簡素な作風が好まれ流行した為、その遺物は多く、久能山東照宮・金箔押二枚胴具足(伝徳川家康所用)の兜鉢、立花家伝来・鳥毛後立付頭形兜(立花宗茂所用)などと同様の形である。(日本甲冑の基礎知識より)

この形式の古頭形を採用し6枚のやや厚地の板で丸く形成。しころは肩に馴染むように改良されている機能性の高いアルモデル版兜。

前立(MAEDATE)

前立は、5つの中より1つお選びいただけます。

1.日輪
2.猪の目繰り半月
3.八日月
4.三日月に剣
5.繰り半月

胴甲(DOUKOU)

織田信長考案桶側胴

天文の終わり頃、信長は室町時代の甲冑を否定して「安価で、早くでき、丈夫な」胴甲を、家臣、加藤彦三郎に命じて清須で考案、制作させ、尾張兜同様全国に広まった。

桶ヶ輪胴は天文、永緑の頃、尾州にて造り初めんと見ゆ、其頃秀吉公、初め籐吉郎とて松下嘉兵衛が奴僕たりし時、嘉兵衛籐吉郎に命じて金六両をあたえて尾州にて桶ヶ輪胴と云う鎧を仕出せし由、一領求め来るべしとて遣わしたると云う事雑誌に見ゆ、然ればこの頃より仕出せし物ならん…(榊原香山/中古甲冑制作辧 1799年)

草摺(KUSAZURI)

草摺(くさずり)六間四段 (Lサイズは六間五段)

袖(SODE)

六段中袖(ろくだんちゅうそで) / Lサイズは七段

右 S,Mサイズ 六段下がり
左 Lサイズ   七段下がり

籠手(KOTE)

手甲は海鼠(なまこ)形で5本の篠で形成されており日本独自の四つ入りの鎖でつながれている。腕の働きを良くする為、軽量に配慮した防御の桃山期に流行した形式を採用している。

脛当(SUNEATE)

5本の篠臑当は、山を登り谷を下り野原を駆ける徒歩立戦に利点が多く、軽く足の甲に負担がかからないため広く流行した。本キットでは、鉸具摺(かこずり)、立挙げのない初期の形式を採用。篠は甲冑師の手により、臑になじむように一本一本丁寧に絶妙の曲面を打ち出している。

糸・紐(ITO/HIMO)

威糸(おどしいと) は、5色の中から1色をお選びいただけます。

・高紐は、芯の入った硬い紐。
・丸紐(太)は、兜の「綰の紐(わなのお)」、 胴甲の「引合せの緒(ひきあわせのお)」、繰締めの緒(くりじめのお)」、袖の「袖付け紐(そでつけのお)」となります。
・丸紐(細)は、籠手の「裏の千鳥懸けの緒(ちどりがけのお)」となります。

咽喉輪(NODOWA) ※OPTION

咽喉の周りと胸の上部を守る防具で鎌倉末期頃に制作が始まったと伝えられている。桃山期は戦が激しく、武器も変化した為、本来 面具の使用するのが正しいが、イベント参加等を考え「さむらいは顔が命」と室町後期の咽喉輪を採用した。

月形・垂れ2段・蝙蝠付け(こうもりづけ)の画韋・威糸

佩楯(HAIDATE) ※OPTION

近世において佩楯の需要が高まると、伊予佩楯を簡易化し板金の幅を広く取り、糸で横に相互に綴じ付け四、五段下がりにした板佩楯が流行した。板を塗り込めない限り柔軟で、太ももの周りを包んでくれる防具で軽量・機能性を有している。

歌留多金(かるたがね)64枚・家地・吊り下げ紐 2m・威糸

甲冑飾り立て(STAND) ※OPTION

甲冑を飾っておくための台座です。(木製)

トップへ戻る

ページのトップへ戻る
Copyright © 2013- Samurai Al-model All Rights Reserved.